しのブログ~ボドゲ製作やプレイなど~

ボドゲの製作・プレイ・販売・イベント等書いてます

プロフィール

しの

Author:しの
「しの」です。
もともとデジタルゲームの業界にいましたが、
今は「しのうじょう」というボードゲームスタジオでボードゲームを作っています。

ブログランキング
FC2ブログランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

Amazon アソシエイト
しのブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

8日にマジックオリジンのゲームデーに参加してきました。
コントロールデッキが少ないようなので、メインの大歓楽の幻霊をサイドにまわし、
灼熱の血をメインに入れました。
以下のような感じです。

土地20枚
20 《山/Mountain》

クリーチャー17枚
4 《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3 《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
3 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
3 《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》

スペル23枚
4 《乱撃斬/Wild Slash》
4 《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
4 《かき立てる炎/Stoke the Flames》
4 《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
4 《灼熱の血 /Searing Blood》

サイドボード15枚
4 《大歓楽の幻霊 /Eidolon of the Great Revel 》
4 《焙り焼き/Roast》
3 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《洗い流す砂/Scouring Sands》
1 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
1 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》

1試合目 赤アグロタッチ青
2-0
赤単アグロにタッチで青して一日のやり直しが入っているパターンでした。
赤一色の分有利なので2連勝。

2試合目 ナヤ(緑、赤、白)ビッグマナ
0-2
1戦目マナ加速から4ターン目にアタルカ、
2戦目もマナ加速から4ターン目にドロモカ。
飛んでるデカブツはどうしようもなく負け。

3試合目 赤緑ビッグマナ
2-1
アタルカをぎりぎりやり過ごし、火力本体に打ってどうにか勝ち。

4試合目 白英雄的タッチ青緑
2-1
クリーチャー焼き切って勝ち。

スイスラウンドがこの時点でベスト4決定。
3勝1敗で2位通過。

シングルエリミネーション1試合目 赤アグロタッチ青
2-0
スイスラウンドであたった人。
単色なだけ有利だった。
お互いライフ3点の時に、
相手が極上の演技(4点ダメージ)をマナの合流点(ライフ-1で好きな色のマナ出せる)使って打ってきたのに対応して、
先に乱撃斬(2点ダメージ)を叩き込んで勝ち。

シングルエリミネーション2試合目 ナヤビッグマナ
2-1
スイスラウンドで負けた人。
ブンまわりで1戦とる。
護法の宝珠を稲妻の狂戦士でどうにか突破しようとしつつもドラゴンが土地から復活。

結局2位でマジックオリジン3パックと衰滅のプロモーションカード、参加賞の議事会の自然主義者をゲット。
衰滅プロモは嬉しいものの、決勝で負けたのは悔しい。

オリジンゲームデー

マジックザギャザリング | コメント(0) | 20150810160326 | 編集

マジックオリジン発売されて、少し経ちましたね。
シングルカードの値段も落ち着いてきた感じでしょうか。
晴れる屋のプレリリースパーティに参加したものの、パック運もなく1勝3敗と散々な結果に。

7月は2回フライデーナイトマジック出て、
2回とも《流刑への道/Path to Exile》をゲットできたので満足です。

シノザイル


使っている赤単はマジックオリジンで極上の炎技を入れてみました。
クリーチャー減らしてよかったのか、ちょっと疑問。
あと、赤青のハサミが流行りつつあるようなので、粉々をサイドにしこんでみました。

炎技

粉々


土地20枚
20 《山/Mountain》

クリーチャー21枚
4 《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3 《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
3 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
3 《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
4 《大歓楽の幻霊 /Eidolon of the Great Revel 》

スペル19枚
4 《乱撃斬/Wild Slash》
4 《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
3 《かき立てる炎/Stoke the Flames》
4 《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》

サイドボード15枚
4 《灼熱の血 /Searing Blood》
4 《焙り焼き/Roast》
3 《洗い流す砂/Scouring Sands》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
1 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》

8月のプロモーションカードはモダンで人気の《血清の幻視/Serum Visions》。
幻視

7月の《流刑への道/Path to Exile》と同様参加者多そうな予感がします。

マジックザギャザリング | コメント(0) | 20150807182329 | 編集

マジックで赤単ばかり使っていたのでそろそろ違うデッキを組みたくなって、安く組めそうなデッキを発見。

はさみ

これは楽しそうだ。
アーティファクトの魂込め(通称ハサミ)をアーティファクトにつけて殴るデッキ。

■ハサミブルー

メインボード60枚

4 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
16 《島/Island》
【土地20枚】

4 《グドゥルの闇潜み/Gudul Lurker》
4 《惑乱のセイレーン/Hypnotic Siren》
4 《波使い/Master of Waves》
4 《前兆語り/Omenspeaker》
4 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4 《岸砕きの精霊/Shorecrasher Elemental》
2 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
【クリーチャー26枚】

1 《タッサの二叉槍/Bident of Thassa》
4 《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》
4 《軍事情報/Military Intelligence》
1 《凱旋の間/Hall of Triumph》
4 《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
【スペル14枚】

サイドボード15枚

4 《シルムガルの魔術師/Silumgar Sorcerer》
3 《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4 《否認/Negate》
4 《氷固め/Encase in Ice》

これをひっさげてフライデーナイトマジックに突撃。
しかし参加者がモダンに流れてしまい、スタンダードが二人になってしまう。
とりあえず動きも確かめたいので対戦。

相手 ジェスカイ(青白赤)コントロール
この色はフランスの国旗と同じなので、トリコロールと呼ばれたりする。

2-0
ハサミつけて、波使い展開して勝ち。
ハサミつけて、除去されて、再びハサミつけて勝ち。
序盤のハサミはとまらない。
2人なので、一回勝って優勝(というのだろうか)。


ちょっとカウンターをメインで増やしてクロックパーミッションぽくしたのが次のリスト。
否認と層雲の踊り手をメインに移動。
否認

層雲


■ハサミブルーver.2

メインボード60枚

4 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
16 《島/Island》
【土地20枚】

4 《グドゥルの闇潜み/Gudul Lurker》
4 《惑乱のセイレーン/Hypnotic Siren》
4 《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
2 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
【クリーチャー18枚】

1 《タッサの二叉槍/Bident of Thassa》
4 《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》
4 《軍事情報/Military Intelligence》
4 《幽霊火の刃/Ghostfire Blade》
1 《凱旋の間/Hall of Triumph》
4 《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4 《否認/Negate》
【スペル22枚】

サイドボード15枚
3 《波使い/Master of Waves》
4 《シルムガルの魔術師/Silumgar Sorcerer》
4 《氷固め/Encase in Ice》
4 《前兆語り/Omenspeaker》

日曜日の大会にこれで挑む。
町田はどうやらモダン勢が多いようで、一回戦で負けた組がそのままモダンに流れてた。

1戦目 黒白ミッドレンジ
2-1
1試合目 ハサミをひかずグダって負け。最後ひいたけど見せずに投了。
2試合目 ハサミがざくざくライフを切り裂いて終了。
3試合目 ダークスティールの城塞一枚で羽ばたき飛行機械に幽霊火の刃つけて削る。どうにか島ひいてハサミついて終わり。
幽霊火


2戦目 赤白英雄的
1試合目 ノーガードで殴ってたら向こうの方がはやくて負け。
2試合目 ハサミに岩への繋ぎとめをされて、赤クリーチャーで殴られて終わり。
岩

白が多いのかと思って氷固め入れなかったのが敗因。
氷

後はブロッカー要員と安定のため前兆語り入れるべきだった。むしろメインに戻すか。

青信心寄りにするのかクロックパーミッション寄りにするのか悩むところだけど、
今のバージョンはどっちつかずなので、どちらかに寄せた方が強そう。
次のバージョンはクロックパーミッションに寄せようかな。

マジックザギャザリング | コメント(0) | 20150615133902 | 編集

晴れる屋1

前から一度行ってみたいと思っていた晴れる屋トーナメントセンターに行ってきました。

高田馬場の早稲田口を出て左方向に行ったところ。ラーメン二郎があったあたり。
高校が高田馬場だったので当時あったら通ってただろうな。

入ってまず広さに圧倒される。
300人席。マジック専門店であり、これすべてがマジックのための設備かと思うと胸が熱くなる。
店内の写真はこちらに詳しくのっているのでどうぞ。

そしてジャジャン!!
晴れる屋2
カメラ付きのフィーチャリングテーブル。
「すげーっ!」とテンション上がってたけど20分後にここを使うことになるとは知る由もなかった。


昔の高いカードや特価品、フォイルカード(キラカード)は店頭に並んでいるけど
他のカードはパソコンで購入注文をし、準備してもらうシステム。
晴れる屋3
このへんも効率化した結果なんだろうな。

昔渋谷にあったDCIセンターみたいだと思ってたら
こちらの記事にまさに書いてあった。
この記事は熱意がほとばしっていて刺激をうけるのでぜひ読んでみてください。
「トキメキ」とか「ハッピー」とか胡散臭いと思うかもしれませんが、
実際トーナメントセンターに入ってトキメイテしまい、ハッピーになって帰りました(笑)

記事にも書いてあるけど、マジックの感心するところは大会のシステム。
トーナメントが開催され、プロプレイヤーやジャッジ(審判)がいて、対戦相手や大会場所やポイントの履歴が残る。
開発、販売、運営と本気でやってきた結果だと思う。

では麻雀はどうなのよってことだと、
アブストラクトゲームである将棋や囲碁も整備されているが、
麻雀は各団体が乱立していて、各個人が団体にお金を払ってプロを名乗っているだけに見える。
国際ルールとかローカルルール(店舗や人による)が多くて収拾つかない状態。
麻雀教室って意味だと最近行きはじめたニューロンはがんばっていると思う。


話がちょっとずれたけど、
晴れる屋トーナメントセンターを見ると刺激になるよということです。


本日の対戦成績
いつもの赤単。グランプリ千葉から変動なし。

土地20枚
20 《山/Mountain》

クリーチャー24枚
4 《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
2 《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
3 《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
3 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
4 《大歓楽の幻霊 /Eidolon of the Great Revel 》

スペル16枚
4 《乱撃斬/Wild Slash》
4 《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4 《かき立てる炎/Stoke the Flames》
4 《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》

サイドボード15枚
3 《灼熱の血 /Searing Bloo》
4 《焙り焼き/Roast》
3 《洗い流す砂/Scouring Sands》
2 《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
1 《凱旋の間 /Hall of Triumph 》
1 《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros》
1 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》

■1戦目 緑青赤アグロ
モニターとネットにマッチングリストが出る。すごいなこのシステム。
と思ってたら1番テーブルの人はフィーチャーテーブルへ来いとのアナウンス。
えええええ、まさかのカメラ席。
どうせ撮ってないだろと思ってたら撮ってたらしい。負けたし、ミスしたから恥ずかしい…。
1-2
緑のファッティが止まらなかったのと、ダブルマリガンがキツかった。

■2戦目 BYE
あ、この三文字見たことある。不戦勝。
郵便局に行ったり、昼食を食べたりして時間つぶす。

■3戦目 緑黒青 大変異?
2-1
1戦目ファッティがとまらん。
2戦目、3戦目。焙り焼きでこんがり。
焙り焼きはメインに入れてもいいかもしれない。

2勝1敗で何かもらえるかと思ったら、参加費無料デーだったので全勝の人しかもらえず。

またトーナメントセンターに行きたいと思います。

マジックザギャザリング | コメント(0) | 20150611010332 | 編集

グランプリは大会がいっぱいありますが物販のショップもたくさん来てます。
戦利品を紹介。

まずは今回のグランプリにも関わっていた晴れる屋ブース。

これがハッピークルクルだ!
グランプリ千葉3


ハッピークルクル結果
あんまりクルクル空中を飛んでなかったので下にたまってるのからひく。
グランプリ千葉4
プレイマット出てよかった。
スリーブ多し。スリーブはカードゲームの試作でも使うのでよし。

1000円くじ。
Sを引き当ててなんと「Force of Will」をゲット。
状態はよくなくて、フランス語だけどふつうのものだと13000円くらいはするはず。
グランプリ千葉5

大会の合間にもう一度ひく。次はAだった。Aでは4版の「極楽鳥/Birds of Paradise」を選択。
グランプリ千葉6

7版や9版のイラストよりこのイラストが好き。
グランプリ千葉7

味をしめて帰り際にもう一度ひくと
またSが出た。
「精神を刻む者ジェイス」か「リシャーダの港」で迷うも、結局「Force of Will」を1枚追加。
下の写真は一回のやつだけど。ちょっと拡大。
グランプリ千葉8

その他戦利品。
グランプリ千葉9

グランプリ千葉10

グランプリ千葉11
グランプリ千葉11


マジックザギャザリング | コメント(0) | 20150530195535 | 編集
| HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
    © 2017 しのブログ~ボドゲ製作やプレイなど~  Designed by 意地天