しのブログ~ボドゲ製作やプレイなど~

ボドゲの製作・プレイ・販売・イベント等書いてます

プロフィール

しの

Author:しの
「しの」です。
もともとデジタルゲームの業界にいましたが、
今は「しのうじょう」というボードゲームスタジオでボードゲームを作っています。

ブログランキング
FC2ブログランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

Amazon アソシエイト
しのブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

どうも、「しのうじょう」の「しの」です。
この記事はBoard Game Design Advent Calendar 2017の9日目として書かれています。

Board Game Design Advent Calendarは過去にも参加しておりますので、ご興味あればこちらも読んでみていただければと思います。
ゲームアイデアの作り方
カードゲームのテストプレイ

さて、今回の記事のタイトルは「ダイスというコンポーネント」となっております。
今回この記事を描こうと思ったのは「菊花賽」というダイスゲームを作ってみて、ダイスについて思ったことをまとめてみようと思ったからです。

■そもそもダイスとは
ダイスとは皆さんご存知の通り、サイコロ(賽子)のことです。
古くからあるランダム性を作るもの、すなわち「乱数製造機(ランダマイザー)」です。
1~6が描かれた6面体が一番有名ではないでしょうか。
TRPGの表現ですが、何面体のダイスをいくつ振るかを表すのに「2D6」といった表現をされます。
ちなみに「2D6」は6面体ダイスを2個振ることを表しています。
いくつかダイスを使ったゲームを紹介します。

「ビッグ・チーズ」というゲームでは仕事の報酬のダイスが8面体であったり、20面体であったりと様々な形のダイスが登場します。


また、「キング・オブ・トーキョー」では6面体ではあるものの、数字ではなくアイコンが描かれたダイスを使います。
攻撃、回復、エネルギー充填といったマークが描かれています。
オリジナルダイスは世界観やイメージがわきやすいので、非常に良いものですが、小ロット制作ですと単価が見合わなくてなかなか手が出ないです。

「海底探険」の6面体ダイスは1~3の目しかありません。
それを2つ振ると
2 1/9(1,1)
3 2/9(1,2、2,1)
4 3/9(1,3、2,2、3,1)
5 2/9(2,3、3,2)
6 1/9(3,3)
となるので1~6の目がある6面体を1個振るよりマイルドになっています。


■ダイスって複数形!?
英語でダイス(Dice)とは実は複数形で、一個の場合はダイ(Die)になります。
「死ぬ」のDieと同じ綴りですね。
日本語でルールを書くときは大丈夫ですが、英訳するときは気を付けましょう。

■ダイスの調達について
カードゲームの次はダイスゲームを作ってみようという流れのゲームデザイナーさんも少なくないのではないでしょうか。
ダイスを購入してしまえばカードの入稿におびえなくていいと思っているあなた。ダイスもあまくないです。
6面体ダイスを1個使う程度であれば、どこで買ってもそこまで影響しないのですが、
コンポーネントのメインがダイスになる場合気を付けないといけないポイントが3つあります。

 ■高い!
 使いたい個数を単純に店頭で買うと高いです。
 仮に30個のダイスを使うゲームだったとして、
 市販の1個100円のダイスを買うと、それだけで3000円になってしまいます。
 海外から安いダイスをまとめて買う場合も、関税がかかる場合があるので注意です。

 ■不良品
 店頭で売っているものを購入するのであれば不良品を掴むことはないのですが、
 まとまって購入すると一定の割合で不良品が混じっています。
 インク汚れ、クラック(ひび割れ)、色味が違う、形が違うetc...
 これを選別し、はじく作業、磨く作業が発生します。
 菊花賽ではオレンジのダイスが特に不良品が多く、不良品の山が眠っています。
 ゲームデザイナー仲間でもこの選別が大変という話をよく聞きます。
 「前と同じ黄色のダイス買ったら、レモンイエローとクリーム色くらい色が違った」、
 「赤だけ中華ダイス(2の目が縦に配置されている)だった」、
 「クリアダイスを買ったら、表面が傷ついていてクリアじゃなかったので磨いた」、
 といったことがあるようです。
 ダイスに限らず、コマなどを購入する際にも同じことがおこる可能性があります。

 ■無事届く?
 海外から輸入する場合、意外と時間がかかります。
 輸送の期間を余裕に持って発注しましょう。特に船便だと時間がかかります。
 また、扱いが荒い、梱包が甘い、税関で剥かれるなどがあり、
 外の箱や袋が大破してテープグルグル巻きで届くことがあります。
 また、中でダイスがバラバラになっていてゲンナリすることもあります…。

■ダイスゲームの参考
ライナー・クニツィア博士の「ダイスゲーム百科」がまとまっていて参考になります。
クニツィアマニアで有名な正田さんが翻訳されています。
これからダイスゲーム作ろうと思っている方にはオススメです。


■おわりに
ダイスを使うと大変だぞという話が多くなってしまいましたが、ダイスを振ること自体楽しいものです。
また、振るだけでなく、配置したり、カウンターとして数を数えるのに使ったり、上に積んでみたりといろいろな使い方があります。
皆様良いダイスライフを!

何かご意見、ご感想などありましたらTwitterのDMやリプライ、メールなどいただければと思います。
■Twitter
@shinojo_news (しのうじょう公式)
@peyangmini (しの個人)

■Mail
takahiro.shinozaki●gmail.com
※●を@に変えてください

関連記事 [ボードゲーム]
ボードゲーム | コメント(0) | 20171208170545 | 編集

12月2日(土)及び12月3日(日)にゲームマーケット2017秋に参加してきました。

今回は初の二日間開催でした!
初日は一般参加+FR@gamesさんブースにて委託させていただきました。

【初日】
東7ホールはちょっと駅から遠かったです。
ゲートに装飾がつきました!
2017fall01

記念写真を取るコーナーがありました。
2017fall02

するめデイズさんにて「アニマランブル」を試遊させていただきました!
2017fall03

初日はFR@gamesさんブースにて試遊と売り子のお手伝いをしました。
新作「サイコロぽっくる」は良い運ゲーです!
2017fall04

初日の戦利品その1 ゲーム
2017fall05

初日の戦利品その2 書籍系
2017fall06

初日の戦利品その3 その他
2017fall07

【二日目】
二日目はブースを出展しました。FR@gamesさん、ASOBI.deptさんからの委託品を取り扱いました。
2017fall08

試遊ブースその1
2017fall09

試遊ブースその2
2017fall10

二日目の休憩時間にゲットしたもの。
2017fall11

ゲームマーケット2017秋に参加された方お疲れ様でした!
ブースに来ていただいた方、手伝っていただいた方ありがとうございました。

次はゲームマーケット2018大阪に参加しますので、よろしくお願い致します!

関連記事 [イベント]
イベント | コメント(0) | 20171205162737 | 編集

ゲームマーケット2017秋が近づいてきましたが、もう気温は冬ですね。

さて、しのうじょうではゲームマーケット2017秋で
「菊花賽 第2版」 2500円
「菊花賽 拡張」 1000円
を新たに販売します。

こちらは「菊花賽 第2版」。
初版では基本的には2人用でしたが、第2版では4人分までのコンポーネントが入っていて2~4人プレイが可能です。
ダイスは34個、ついたても4枚となっています。
kikka2nd1

こちらは「菊花賽 拡張」
初版をお持ちの方は、拡張とあわせると4人プレイまでできるようになります。
初版+拡張=第2版となるようなイメージです。
kikkaku1


ブースとしては12月3日(日)のG092ブースです。「菊花賽 第2版」の試遊も可能です。
12月2日(土)はFR@gamesさんに委託させていただき、販売のみ行います。
FR@gamesさんの新作「サイコロポクル」もしのうじょうブースで購入ができます。

イベントも近づいて来ましたが、皆さん体調にはお気を付けください。
それではまた!

関連記事 [ボードゲーム]
ボードゲーム | コメント(0) | 20171122134009 | 編集

9月23日(土)に八王子の「みどりの8はちアソビ」に参加してきました。
第34回全国都市緑化はちおうじフェアの開催記念でアナログホビー体験をしてもらおうという企画のようです。

今回はイエローサブマリンさんの「ボードゲーム体験コーナー」での参加でした。
天候はあまりよくなかったので、インドアのブースに結構人は来ていた気がします。

八王子駅から距離が結構あったので、臨時のシャトルバス(無料)が出ていました。
8asobi01

みどりのというだけあって自然の溢れる会場でした。
8asobi02

外ではガーデニングのコンテスト受賞作を展示していたりしました。
8asobi03

シャトルバスを降りてから会場にたどりつくまでが迷路のようになっており、なかなかつかない…。
8asobi04

体育館を区切ってのブースとなっていました。
8asobi12

イエローサブマリンさん担当のボードゲーム体験コーナー。
8asobi07

ファミリーが多いと聞いていたので、今回は「ジャンドイッチ」を遊んでもらいました。
8asobi05

木工のワークショップコーナー。
8asobi06

将棋教室&体験コーナー。
8asobi08

スキルトイ体験コーナー。コマ、けん玉、ヨーヨーなどをスキルトイっていうんですね。
8asobi10

ポケモンカードの大会や体験会をやっていたようです。
8asobi11

ミニ四駆のサーキットもありました。ミニ四駆見るとワクワクしますね。
8asobi09

後はイエローサブマリンさんの物販ブースがありました(写真撮り忘れました…)
最初は「ジャンドイッチ」のインストをしていたのですが、人が溢れてきて場所が足りなくなりそうなのと、インストする人不足のようだったので、途中からボドゲおじさんとして説明員及び一緒に遊ぶ人になっていました。
親子連れ、祖父母と孫といったファミリー層が多かったです。
ボードゲーム体験コーナーは無料ということもあり、非常に盛況でした。
自分に子供がいないせいか、6歳~12歳くらいの年齢の見わけがつかず説明の難易度をどこに設定するか悩ましかったです。フレッシュな層との交流ができ非常に刺激になりました。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20170925203015 | 編集

2017年8月13日(日)に「東京ボードゲームコレクション2017」参加しました!

先日の浅草ボードゲームフリーマーケットと同じく、東京都立産業貿易センターでした。
前にゲームマーケットでも使われていたところですね。

しのうじょうブースはこんな感じでした。ゲムマ春に出した「ジャンドイッチ」をメインに出してました。
TBC201

なかなか広々とした会場です。ブース番号と名前を印刷してきて自己主張。
TBC202

こちらは試遊卓。販売卓が想像以上に大きく、クロスを販売卓に使ってしまいました。
TBC203

芸人さんを呼んでステージをやったりしていて、ちょっと見に行きたかったです。。。
ステージが始まるとゲーム説明用の声がとおりにくくなってしまったので、
のどがやられそうでした。
ステージが違いブースだとさらに大変だったかも。

おかげさまで持っていった分のジャンドイッチは完売しました!
買えなかった方申し訳ございません。

帰り道はちょっと浅草寺をフラフラ見てから帰宅しました。

関連記事 [イベント]
イベント | コメント(0) | 20170815160531 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
    © 2018 しのブログ~ボドゲ製作やプレイなど~  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。